Introduction製品紹介

Aboutdurantaについて

長期間連続心電図ー心房細動の発見

長時間心電図送信機duranta ーコンパクトで軽量な携帯型心臓モニタリングシステムで、心電図波形データを記録します。

心電図波形データをリアルタイムに専用端末経由でインターネット上に送信し、遠隔モニタリング及び解析を行います。

小型であるため利用者様は、普段通りの生活を行えます。従来の12誘導心、24時間ホルターとは違い、長期間の連続心電図検査をすることが可能です。心房細動をはじめとする不整脈の検出に貢献しています。

また、病院、クリニックでの検査はもちろん、健診や在宅診療での使用も可能です。

解析AIシステムイノベーション

当社はホルター解析機(duranta Analysis)を独自に製品化しました。

duranta Analysisは、心電図波形データを識別するための独自ものアルゴリズムが装備されております。

循環器医師を含めた医療チームによって解析を行い、利用者様に分析支援を提供します。
さらに現在データ分析の専門家とともに、日々AIシステムの改良・開発もすすめております。
企業様との連携も進めています。

保険収載済保険点数について

D208 3:携帯型発作時心電図記憶伝達装置使用心電図検査(150点)

D212-2:携帯型発作時心電図記録計使用心電図検査2日間(500点)

D210:30分又はその端数を増すごとに90点8時間を超えた場合1750点

Analysis flowデータ解析の流れ

テレメトリー式心電図送信機
durantaを利用したサービス

心電波形をクラウドへ伝送し、循環器医師を含めた医師による分析支援を行い、分析レポートを作成します。 心房細動、不整脈などを含め解析し、レポートにしてお届けします。 医療機関では、リアルタイムで遠隔地の心電波形を確認できるほか、レポートを参照した診断や治療を進めることができます。

Case study導入事例

noimg

2016.5.26

導入事例

導入例

Specification製品仕様

心電図検査に利用する機器 心電図波形データをリアルタイムにスマートフォン経由でインターネット上に送信し、スマホ・タブレット端末で心電波形を表示できます。
離れていてもご利用者の心電波形を確認できます。
製品名 心電図測定デバイスduranta(デュランタ)
医療機器認証番号 226AIBZX00055000
アプリケーション仕様 リアタイム心電図波形表示、送信
ハードウェア仕様 非防水
電池持続時間(初期時)7日以上(心電図データ送信状態)

入力部

記録誘導 双極 1チャネル
入力範囲 ±5mVp-v
周波数特性 0.67~40Hz
量子化ビット数 12ビット
サンプリング周波数 160Hz
入力インピーダンス 2.5MΩ以上

無線送信部

無線方式 Bluetooth SIG Core Spec v4.0 準拠
送信出力 OdBm
受信感度 -93dBm
プロファイル GATTプロファイル
duranta 管理医用機器 / 特定保守管理医用機器
一般的名称 テレメトリー式心電送信機
販売名 デュランタ
医療機器認証番号 226AIBZX00055000